お店をアピールする看板を作るならその種類と使い方を知ろう

男性

キャンペーンのPRに最適

横断幕

宣伝には様々な方法があります。例えば、お店の看板やコマーシャル、のぼり旗や横断幕、チラシなどがあります。中でも横断幕や懸垂幕はお店や学校、イベント会場などいろいろなところで使われる宣伝広告です。この横断幕や懸垂幕は遠くからよく見えるように大型のものも多いです。大きいから作りにくいのではないかと思う人もいるでしょう。しかし、印刷会社に注文することで比較的簡単に作ってもらうことができるのです。しかも、素材や制作の方法を工夫することもでき、用途に応じて高い宣伝効果を発揮してくれます。横断幕や懸垂幕のことを知り、お店やイベントのPRに活用しましょう。
横断幕は横長のもので、懸垂幕は縦に長く作られています。用途に合わせて両方の幕を活用することもできるでしょう。2つともハトメ加工というものを施し、そこに紐を通すことで取り付けが可能になります。ハトメ加工とは穴の空いたハトメリングを横断幕や懸垂幕の隅や幕の端に取り付け、紐を通せるようにするのです。そのため、しっかり取り付けることができ風に吹かれても外れる心配はありません。横断幕や懸垂幕のメリットの1つが、大掛かりな工事を行なうことなく簡単に取り外しや取り付けができるという点です。普通の看板を設置する場合は、そのための工事が必要です。取り外しも簡単には行なえないのです。しかし、横断幕や懸垂幕は紐を外せば取り替えられます。そのため、定期的に変更となるキャンペーンのアピールに最適な宣伝広告といえます。